PCデータ消去法

 パソコンを処分する時に、避けて通れない問題が「データ漏洩」です。企業の場合信用問題に関わるため、最近ではかなり気を付けて処理されることが多くなりましたが、個人のパソコンでは中古ショップへ買い取って貰う場合、また、下取りに出す場合も、いままでのデータをそのままにして持ち込む方が結構多いようです。実はこれは大変に危険なことです。個人のパソコンには個人情報はもとより、様々なパスワードやアカウント情報などが保存されていることが多いからです。たとえばオンライントレードの情報が残っていれば、そのパソコンを手にした人は、あなたのアカウント、パスワードを手に入れることが出来てしまうかもしれません。

 最近ではこのような事情を背景に、軍用レベル並みのデータ消去ソフトが出回っています。リサイクル法に従ってリサイクルに出すにしても、下取り、買い取りをお店にお願いするにしても、最低限出荷時リカバリをかけるか、これらシュレッダーソフトを使ってデータをキレイに消してから出すようにしてください。最近ではこのような事情を背景に、軍用レベル並みのデータ消去ソフトが出回っていますが、ここでは自分でできるデータ消去法として、ハードディスクそのものを破壊する方法を紹介します。

  1. 電源が入ったまま作業をすると、非常に危険ですので、必ずコンセントが抜けた状態であることを確認してください。
  2. ケースを外します。外し方はパソコンの機種によって様々ですので、取扱説明書をご確認の上、進めてください。
  3. ケースを外すことができたら、ハードディスク本体を探します。ハードディスクの色や形状はメーカーによって違います。
  4. 見つけたハードディスクを、カナヅチなどで叩いて、物理的な衝撃を与えます。(機種によってハードディスクが複数台内蔵されている場合がありますので、取扱説明書などで確認してください。)
  5. ハードディスクが直接叩くことのできない位置にあった場合は、ハードディスク本体をパソコンから取り外した上で、叩いてください。その際、ケーブルのコネクタが接続されているので抜く必要があります。(通常は2ヶ所)
  6. ハードディスクの消去処理が済んだパソコンは、廃棄に出す際の梱包に支障のない程度に再び組み直してください。

Favorite

【東京編】口コミで評判のお墓おすすめ5選!

Last update:2018/3/2